忍者ブログ

円形脱毛症 皮膚科

 円形脱毛症の治療は、皮膚科専門医のいる医療機関がおすすめです。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

円形脱毛症 皮膚科


円形脱毛症の原因は、ストレスなのか、何か違う病気なのかわかりません。

今は、円形脱毛症のような症状ではあるけれども、全頭脱毛症に進行して

いるとも考えられます。自己判断で、ストレスが原因と決めつけ、心療内科

を受診したり、医師の診療をうけずに、自然治癒を期待するだけでは、

円形脱毛症がますます悪化する可能性があります。

円形脱毛症だと思ったら、専門医がいる皮膚科にいって、診てもらうことが

一番良い方法です。

皮膚科のある医療機関で行っている治療内容には、いろいろ種類がありますが

その一部を紹介してみたいと思います。

■局所免疫療法(かぶれ療法)
脱毛患部にスクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)、ジフェニルシクロプロ
ペノン(DPCP)いうかぶれを起こしやすい化学物質の溶液を1~2週に一度
塗って、軽い皮膚炎を発症させてかぶれを起こし刺激させる療法です。

■内服療法
抗アレルギー剤、免疫調整作用のあるセファランチン、グリチロンや
精神安定剤などの内服を併用します。また、時には難治性の円形脱毛症に
対して少量の副腎皮質ステロイドを内服することもあります。

■冷凍療法(ドライアイス療法)
脱毛している患部にドライアイスを1秒程度あてて刺激を与え発毛を促進
させるという療法で、70%の有効率があります。

■UVA療法
思うように円形脱毛症が治りにくい場合に行われる療法で、ソラレンという
内服薬を服用するか、脱毛患部分にソラレン外用剤を塗布して、紫外線(UVA)
を照射します。

■液体窒素凍結療法(刺激療法)
綿棒などに液体窒素を浸し、脱毛患部を刺激したり、または直接脱毛患部に
直接液体窒素をスプレーする療法で、接触免疫療法とも言われており、
脱毛患部への免疫を変調させる療法です。 




 

PR

円形脱毛症の薬


皮膚科で円形脱毛症の治療を受けた場合、症状によって医療用脱毛症治療薬が

処方されますが、大きく分けて、内服薬と塗り薬の2種類があります。

医師の判断でだされる薬ですので安心ですが、どのような特徴があるのかが

わかれば、なお一層安心できると思います。


1.専門医が円形脱毛症の療法に使用する内服薬には、次のようなものが
  あります。

 ●グリチロン(一般名:グリチルリチン・DL-メチオニン配合剤錠)
  主な成分はグリチルリチンで、それにアミノ酸と制酸剤を配合した
  製剤です。

  グリチルリチンは甘草の有効成分で、抗アレルギー作用・解毒作用・
  抗炎症作用などの働きが有り、内服薬には肝炎や胃・十二指腸潰瘍、
  胃酸・過多、食・薬物中毒、その他アレルギー疾患などの治療に用いら
  れています。

  内服薬はカリウム不足になったり、血圧上昇や脱力感などの副作用が
  起こることもあります。

 ●エバステル(一般名:エバスチン錠)
  様々なアレルギー症状を改善する抗ヒスタミン薬で、効果は長時間持続
  します。

  ただ、眠気や倦怠感・口の渇き、また時には肝障害などが起こることが
  有り、それに稀にショックの様な重い副作用が起こることがあります。

 ●プレドニン(一般名:プレドニゾロン錠)
  ステロイド薬(合成副腎皮質ホルモン剤)で、炎症やアレルギー性の病気
  の症状・リウマチの症状を改善する作用などがあります。

 ●免疫抑制剤
  毛根を攻撃するリンパ球を抑制する効果が有り、臓器移植の際の拒絶
  反応の抑制や自己免疫疾患・アレルギー性疾患の治療などにも用いられ
  ています。

  円形脱毛症の汎発型では、体内の白血球が過多状態になっている症例が
  多く、そのような治療に特に効果を発揮します。

【内服薬の注意点】
 内服薬は症状を著しく改善しますが必ずしも根本治療にはなりません。
 内服の服用を長く続けていると、肥満症や高血圧症・糖尿病・感染症など
 を引き起こしたり、時に精神状態が不安定になったりすることがあります
 ので、医師の指導を正しく理解して使用しましょう。


2.専門医が円形脱毛症の療法に使用する塗り薬には、次のようなものが
  あります。

 ●フロジン液剤・アロビックス液剤
  頭皮に塗布する事で、機能低下状態にある毛根を活発し、皮膚の毛穴に
  働いて脱毛防止や発毛促進につながります。

 ●アンテベート(一般名:酪酸プロピオン酸ベタメタゾン軟膏)
  炎症をとる強い作用のある強力なステロイドの外用薬で、炎症による
  腫れや赤みを抑える作用が有り、かゆみや痛みを和らげます。
  円形脱毛症にも用いられています。

 ●フルメタ(一般名:フランカルボン酸モメタゾン軟膏)
  強力なステロイドの外用薬です。炎症をとる強い作用が有り、ケロイド
  のような傷あとの組織の過剰な増殖を抑える作用も有り、円形脱毛症
  にも用いられています。

 ●デルモベート(一般名:プロピオン酸クロベタゾール軟膏)
  炎症をとる強い作用が有り、湿疹や皮膚炎・乾癬などの皮膚の炎症や
  むくみ・かゆみなどの症状を軽減し、軟膏とクリームは円形脱毛症や
  ケロイドにも用いられます。

 ●トプシム(フルオシノニド軟膏)
  皮膚の炎症やかゆみなどの症状を軽減し、軟膏とクリームは円形脱毛症
  にも用いられます。

【塗り薬の注意点】
 血管拡張作用、脱毛防止作用、発毛促進作用のある塩化カルプロニウムや
 強い抗炎症作用のあるステロイド外用薬を使用するのが一般的です。

 これらの外用剤には、副作用がある場合がありますので、医師の指導を
 正しく理解して使用しましょう。




 

Copyright©No Name Ninja, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ